***pure bird通信***

サザナミインコとアキクサインコのプチブリーダー日記です
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年08月
ARCHIVE ≫ 2012年08月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2012年08月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ピンクちゃんの性別結果

DNA鑑定中だったピンクちゃんの
性別結果が届きました。



鑑定したのはこの子です

IMG_2751_convert_20120730122747.jpg
 




検査の結果は・・・「男の子」でした 。


って、エエッーーーー!!!(゚ロ゚ノ)ノ



お・・女の子じゃなかったの???
元親さんからメスとして譲ってもらってたので
疑わなかった私がいけないんけど
春に2か月も巣箱に籠ってたのは何だったのよー。
同居中のオスにいつも「ごはんちょうだい
してたのも何だったのよー!



はぁ・・・(-ω-;)
やっぱインコちゃんの性別はよくわからんです。



で、ちょこっと悩んだけどルビノーのオス同士なんて
あまりにももったいないので、
それぞれにお嫁ちゃんをお迎えしました。




オトコマエの珊瑚くんにはルビノーのお嫁さんを・・・

IMG_2847_convert_20120822210921.jpg 




優しいハルミちゃんくんにはルチノーのお嫁さんを。

IMG_2882_convert_20120822210939.jpg 



ルチノーちゃんは外見での性別判断ができなかったので
元親さんに親情報を訪ねたところ
「♂ノーマルspルビノー×♀ルビノー」 との回答が・・・。
本来ならこの両親のカラーからルチノーは誕生しないのですが
アキクサインコってときどき計算外のカラー生まれるみたいです。
計算外のカラーが誕生するのはオス親に
「ノーマルspルビノー」を使った場合だと思います。
理由はノーマルspルビノー♂は2つあるZ染色体の片方が
空席のためクロッシングオーバーにより1つになった
ルビノー因子(正確にはルチノーオパーリン因子)が
ルチノー因子とオパーリン因子に分かれることが原因で
計算外のカラーが誕生するのだと考えています。



この両親からルチノーちゃんは理論上誕生しないカラーですが
例外として計算すれば性別はオスメス半々の確率に・・・。
どうか女の子であります様に( ̄人 ̄) 
 










スポンサーサイト
カレンダー
06 | 2012/08 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。